腰痛 | さかつめ整骨院鍼灸院 院長のブログ|新潟市秋葉区新津の自費治療院
z

夏にクーラーが原因で起こる女性の腰痛を予防するための3つの事

こんにちは

新潟市秋葉区 さかつめ整骨院鍼灸院 院長の坂爪です。

夏になるとクーラーで体が冷えるというおっしゃられる女性が見受けられます。

「職場のクーラーに設定温度が低すぎる」

「何度温度を上げても上司がキンキンにオフィスを冷やす」

「仕事が終わると体が冷え切っている」

そんな声をよく耳にします。

それとともに

「腰が重だるくて痛い」

「腰がこわばってくるのがわかる」

そんな声を聞こえてきます。

実は冷えからくる腰痛って結構多いのです。

今回はクーラーによる冷えから腰痛を予防する方法をお伝えしようと思います。

 

なんでクーラーで体が冷えると腰痛になるの?

 

体が冷えると節々が痛くなる、そんなイメージがあるかもしれません。

秋冬で気候が寒い時期は全身が冷えます。

当然服を沢山着たりして防寒しますよね。

寒さで体がこわばってくる感じですね。

しかし夏は基本薄着です。

足元も当然涼しい格好になります。

クーラーで冷えた冷気はは地面に溜まってきます。

室温は顔周囲での感じますので、思っている以上に足が冷えてしまうのです。

昔から頭寒足熱と言われるように足の冷えは体全体の冷えに繋がります。

冷えによって血の巡りが悪くなり、筋肉が固くなります。

デスクワークで長い時間座っていて立ち上がりしなに腰が痛い

そんな方はこんな原因で腰痛になっているのです。

 

クーラーによる冷えで腰痛にならないための3つの事

 

ではそんなクーラーによる冷えが原因の腰痛対策を3つお伝えしたいと思います。

 

1 レッグウォーマーを使用する

・外は暑いのに長い靴下なんか履いてられない

・スカートなのでどうしても素足になってしまう

そんな時は仕事場にレッグウォーマーを置いといてその都度着用すると良いでしょう。

ある程度長いものであれば足首からヒザ下まで覆えるので非常に便利です。

足元に冷え対策にはもってこいです。

 

2 サーキュレータを活用する

コロナ禍の中換気の重要性が叫ばれている中、仕事場にサーキュレーターが置かれていると思います。

クーラーの冷気を効果的に循環させることができて、何もしないより気温を下げなくても体感温度を下げてくれます。

効果的な使用法はこちら

https://www.irisplaza.co.jp/media/A13904790995

 

3 夏でもお風呂につかる

暑い夏の時期はシャワだけで済ませてしまうことも多い中、やはり入浴して血の巡りを回復させることが重要です。

入浴の各種効果を精査した論文もあります。

暑いときこそ入浴して体を温める必要があるのです。

https://www.ishikawa-nu.ac.jp/pdf/kenkyu/07_10.pdf

 

まとめ

 

夏にクーラーが原因で起こる女性の腰痛を予防する3つの事をご説明いたしました。

特に女性はもともと冷えに悩まれてる方が多いです。

そこにクーラーを使用する機会が多い夏場は更につらい状況になってしまいます。

更にクーラーによる冷え、特に足の冷えは腰痛に直結します。

体を冷やさないことを実践しながら腰痛予防ができればと思い書かせていただきました。

この内容が少しでもお役に立てましたら幸いです。

 

【柔道整復師・鍼灸師 坂爪 慶監修】

 

参考記事

コルセットを手放せない人に知って欲しい!実はコルセットをつけていることが症状を長引かせている理由

 

さかつめ整骨院鍼灸院公式LINE@ページ

ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

 

【新潟市秋葉区 で腰痛・肩こり・膝痛・手や足の痺れ・頭痛・神経痛・スポーツによる痛みならさかつめ整骨院鍼灸院】

受付時間

月・火・水・金
10:00~20:00
10:00~17:00
休診日 木・日曜日・祝日

【料金】

初診料 9,800円(税込み) 施術料 7,400円(税込み)

当院は自費治療専門・完全予約制の治療院です。

各種健康保険・自賠責保険はお取り扱いしておりません、ご了承ください。

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

予約電話番号 0250-23-2203

新潟市秋葉区美善1-5-35

ギックリ腰にならない雪かきの方法をお教えします(スコップ編)

こんにちは

新潟市秋葉区美善 さかつめ整骨院鍼灸院 院長の坂爪です。

今年の秋葉区の冬は「観測史上最大」とか「36年ぶり」とか言われるぐらいの豪雪です。

災害級の雪の降り方なんて言われていますね。

雪をかいていてもかいても、終わらない。

もうたくさんなんて人も多いのではないでしょうか?

「雪かきをしすぎて体中痛い」

「腰が発狂しそう」

「ギックリ腰になりかけた」

「痛くても雪かきは終わるまでやめれない」

そんな声も多く聞きます。

実際、当院の患者様でも腰痛が再発したという方が多いです。

今年はまだまだ雪が降る可能性が高いですので、腰痛持ちの方は不安ですよね。

そこで今回はスコップの使い方を変えることで、腰にかかる負担をす少なくする方法をご説明いたします。

こちらをお読みいただくことで、ギックリ腰を心配することなく雪かきができるかもしれません。

雪かきでご苦労されている皆様のお力になれれば幸いです。

 

A ギックリ腰になりやすい姿勢

①下半身が伸びっぱなし

②背中や腰が丸まっている

 

横から

 

前から

こんな姿勢で雪かきしている方非常に多いです。

思っている以上に背中が丸まっているものです。

この状態だと、腕しか使えないのですくった雪の重みが腰にすべてかかります。

雪かきをはじめてすぐはいいのですが、しばらくするとジワーッと腰が重だるくなるはずです。

では、どんな姿勢が腰にはいいのでしょうか?

 

B ギックリ腰になりにくい姿勢

①適度に膝、股関節が曲がっている

②背中が丸まっていない

横から

前から

背中、腰が丸まらずしっかり踏ん張った状態ですね。

こうすることで雪の重みがダイレクトに腰にかかることがなくなります。

更にもう1つポイントがあります。

それはこの写真だと左手の使い方です。

もうAとBの一度写真をよく見てください。

握り方が違うと思います。

拡大すると

A

B

 

Aは下(手のひらを下に向けて)からスコップを握っていますね。

Bは逆に上(手の甲を上に向けて)から握っています。

このBの持ち方でしっかり腰を落としてスコップを操作すると、雪を持ち上げて、捨てる動作が格段にしやすくなります。

雪をすくったらそのまま体を捻って雪を投げ捨てます。

実際の動きはこちら(動画 写真をクリック)

最後に

ギックリ腰にならない雪かき方法をお伝えしました。

今回はスコップですが、次回はスノーダンプ編を書く予定です。

今年は多くの雪が一晩で降り続けることが多いようです。

出勤のために除雪、家に入るために除雪、職場でも除雪と大変かと思います。

やめるわけにはいかないので体の負担は半端ないです。

この体の使い方が、皆様の助力になりましたら幸いです。

雪かきを行う皆様お体十分ご自愛くださいませ

【柔道整復師・鍼灸師 坂爪 慶監修】

関連記事:腰のコルセットが手放せないのです!もう一生つけていないといけないのでしょうか?

 

さかつめ整骨院鍼灸院公式LINE@ページ

ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

 

【新潟市秋葉区 で腰痛・肩こり・膝痛・手や足の痺れ・頭痛・神経痛・スポーツによる痛みならさかつめ整骨院鍼灸院】

受付時間

月・火・水・金
10:00~20:00
10:00~17:00
休診日 木・日曜日・祝日

【料金】

初診料 9,800円(税込み) 施術料 7,400円(税込み)

当院は自費治療専門・完全予約制の治療院です。

各種健康保険・自賠責保険はお取り扱いしておりません、ご了承ください。

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

予約電話番号 0250-23-2203

新潟市秋葉区美善1-5-35

 

 

 

 

 

 

コルセットを手放せない人に知って欲しい!実はコルセットをつけていることが症状を長引かせている理由

こんにちは

新潟市秋葉区 さかつめ整骨院鍼灸院の坂爪です。

「コルセットが手放せないのです!もう一生つけていないといけないのでしょうか?」

先日このようなご相談をいただきました。

慢性的な腰痛を持っている人にとってはコルセットは、体を動かす時の腰の痛みの不安を解消するものでもあり、腰痛やヘルニアを抱えている人にとっては、生活していく中で大切なものでもありますよね。

当院の患者様でも

朝起きると愛犬の散歩に出かけるのが私の日課。

犬はかわいいし散歩に出かけるのは全く苦ではないけど、、、

出かける前に腰にコルセットをギュッと巻いて行かないと腰が痛くなりそうで怖い。

以前コルセットをまかないで散歩に行った時、犬が急に走り出した時腰がグキッとなって動けなくなった。

それからはコルセットを巻いていないと散歩に出かけるのが怖くなった。

いつもコルセットを巻いてそろそろ歩いて散歩に行っているけど腰痛は相変わらず。

このまま一生コルセットのお世話にならないと散歩も行けないのだろうか?

もう一回愛犬と一緒に駆け回ってみたいけれど、それもできないのかな、、、

このように、毎日コルセットを手放せず、一生コルセットと付き合っていかなければいけないと感じている人も多いです。

しかし、実はこのコルセットがあなたを悩ます腰痛を長引かせているとしたらどうでしょうか?

今回は、コルセットが腰痛を長引かせる理由と、あなたを悩ませる腰痛を少しでも早く改善していただく考え方をお伝えしたいと思います。

 

コルセットが腰痛を長引かせる

 

腰痛でお困りの方でコルセットが手放せない方って多いですよね。

でもつけているからといって腰痛が楽になるわけでもなく、治るわけでもない。

つけいていないとやっぱり不安だからつい着けてしまう。

そんな方が見受けられます。

長引く腰痛の場合コルセットをつけることによって余計腰を動かさないようになってしまいます。

 

腰痛→コルセットをつける→確かに動かさなければ痛くない→動くのが怖くなる→動くと痛い→腰痛悪化→コルセットが手放せなくなる

 

こんな感じで悪循環が始まりコルセット依存になってしまいます。

つまりコルセット依存が始まってしまい腰痛が持続してしまいます。

コルセットが有効な時は?

 

ギックリ腰など急に強い痛みが出た場合はコルセットが有効な場合もあります。

しかし長引く腰痛などなどには効果が薄いと言われています。

更にコルセットをする事による腰痛の予防効果も低いのです。

それでも一般的には腰痛対策、予防にコルセットは使用されています。

なぜそのようになっているのでしょうか?

やはり痛みがある時、または痛みが出そうなときに腰を圧迫して固定するコルセットの安心感であると思います。

「もうあんな痛みはコリゴリだ」

「これ以上悪くなったら困る」

そんな今はない腰痛への不安がコルセットを手放せなくなっていまう原因なのです。

その原因として腰痛=安静という考えがあると思われます。

現在腰痛に対して安静を指示することは治癒を遅らせることがわかっています。

つまりコルセットは腰を動かすことを遠ざけ、腰痛を長引かせている理由の一つとも言えるのです。

怖がらず動いていこう!

 

長引く腰痛を解消するためにかんたんなストレッチから初めていきましょう。

先程書いたようにほとんどの長引く腰痛は動いたほうが早く改善します。

以下の動画のような運動が効果的です。

東京大学附属病院の松平 浩先生が提唱するこれだけ体操が有効です。

 

これだけ体操

1)肩幅程度に足を開き

2)両手をお尻に当てる

3)息を吐きながら骨盤を押し出す

4)腰をそらした姿勢を3秒間キープしたらもとの姿勢に戻す

5)5回繰り返す

これだけです。

簡単でしょ!

是非参考にしてみてください。

 

 

本当にコルセットしないで動いていいんですか?

 

まだやっぱり怖いですよね。

わかります!長いあいだコルセットを巻いてきているのに「外して動きましょう」

なんて言われても信用できない。

そうですよね!今回のお話の根拠になる論文を紹介しましょう。

『コクランライブラリー』という世界中の論文を集めて情報を整理するデータベース集があります。

世界で一番信頼できる医療の情報ということですね。

そこで報告されていた内容によると

コルセットに腰痛の痛みの程度を改善させる効果は認めらなかった。
しかし、更に慢性化した腰痛を対象とした場合、コルセットは無治療と比較して痛みの程度及び機能改善に効果は認められない。

Lumbar supports for prevention and treatment of low back pain.
Cochrane Database Syst Rev. 2008 Apr 16;(2):CD001823.
[PMID:18425875]

まとめ

 

現時点で腰痛に対してコルセットの効果は限定的です。

我慢してコルセットをしていても効果が出ないなんて悲しすぎます。

少しずつ動いていくと結構動けるものです。

「でもやっぱり動くと腰が痛くて怖いんです」

そんな方は当院でもご相談をお受けできます。

どんな動きが怖いのか、などを確認しながら施術をしていくと少しづつ動けるようになりますよ。

先程の散歩が怖い方も今は愛犬とともに走り回っています〜

(柔道整復師 鍼灸師 坂爪 慶監修)

 

参考記事

夏にクーラーが原因で起こる女性の腰痛を予防するための3つの事

 

さかつめ整骨院鍼灸院公式LINE@ページ

ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

 

【新潟市秋葉区 で腰痛・肩こり・膝痛・手や足の痺れ・頭痛・神経痛・スポーツによる痛みならさかつめ整骨院鍼灸院】

受付時間

月・火・水・金
10:00~20:00
10:00~17:00
休診日 木・日曜日・祝日

【料金】

初診料 9,800円(税込み) 施術料 7,400円(税込み)

当院は自費治療専門・完全予約制の治療院です。

各種健康保険・自賠責保険はお取り扱いしておりません、ご了承ください。

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

予約電話番号 0250-23-2203

新潟市秋葉区美善1-5-35