腰痛 | さかつめ整骨院鍼灸院 院長のブログ|新潟市秋葉区新津の自費治療院
z

コルセットを手放せない人に知って欲しい!実はコルセットをつけていることが症状を長引かせている理由

こんにちは

新潟市秋葉区 さかつめ整骨院鍼灸院の坂爪です。

「コルセットが手放せないのです!もう一生つけていないといけないのでしょうか?」

先日このようなご相談をいただきました。

慢性的な腰痛を持っている人にとってはコルセットは、体を動かす時の腰の痛みの不安を解消するものでもあり、腰痛やヘルニアを抱えている人にとっては、生活していく中で大切なものでもありますよね。

当院の患者様でも

朝起きると愛犬の散歩に出かけるのが私の日課。

犬はかわいいし散歩に出かけるのは全く苦ではないけど、、、

出かける前に腰にコルセットをギュッと巻いて行かないと腰が痛くなりそうで怖い。

以前コルセットをまかないで散歩に行った時、犬が急に走り出した時腰がグキッとなって動けなくなった。

それからはコルセットを巻いていないと散歩に出かけるのが怖くなった。

いつもコルセットを巻いてそろそろ歩いて散歩に行っているけど腰痛は相変わらず。

このまま一生コルセットのお世話にならないと散歩も行けないのだろうか?

もう一回愛犬と一緒に駆け回ってみたいけれど、それもできないのかな、、、

このように、毎日コルセットを手放せず、一生コルセットと付き合っていかなければいけないと感じている人も多いです。

しかし、実はこのコルセットがあなたを悩ます腰痛を長引かせているとしたらどうでしょうか?

今回は、コルセットが腰痛を長引かせる理由と、あなたを悩ませる腰痛を少しでも早く改善していただく考え方をお伝えしたいと思います。

 

コルセットが腰痛を長引かせる

 

腰痛でお困りの方でコルセットが手放せない方って多いですよね。

でもつけているからといって腰痛が楽になるわけでもなく、治るわけでもない。

つけいていないとやっぱり不安だからつい着けてしまう。

そんな方が見受けられます。

長引く腰痛の場合コルセットをつけることによって余計腰を動かさないようになってしまいます。

 

腰痛→コルセットをつける→確かに動かさなければ痛くない→動くのが怖くなる→動くと痛い→腰痛悪化→コルセットが手放せなくなる

 

こんな感じで悪循環が始まりコルセット依存になってしまいます。

つまりコルセット依存が始まってしまい腰痛が持続してしまいます。

コルセットが有効な時は?

 

ギックリ腰など急に強い痛みが出た場合はコルセットが有効な場合もあります。

しかし長引く腰痛などなどには効果が薄いと言われています。

更にコルセットをする事による腰痛の予防効果も低いのです。

それでも一般的には腰痛対策、予防にコルセットは使用されています。

なぜそのようになっているのでしょうか?

やはり痛みがある時、または痛みが出そうなときに腰を圧迫して固定するコルセットの安心感であると思います。

「もうあんな痛みはコリゴリだ」

「これ以上悪くなったら困る」

そんな今はない腰痛への不安がコルセットを手放せなくなっていまう原因なのです。

その原因として腰痛=安静という考えがあると思われます。

現在腰痛に対して安静を指示することは治癒を遅らせることがわかっています。

つまりコルセットは腰を動かすことを遠ざけ、腰痛を長引かせている理由の一つとも言えるのです。

怖がらず動いていこう!

 

長引く腰痛を解消するためにかんたんなストレッチから初めていきましょう。

先程書いたようにほとんどの長引く腰痛は動いたほうが早く改善します。

以下の動画のような運動が効果的です。

東京大学附属病院の松平 浩先生が提唱するこれだけ体操が有効です。

 

これだけ体操

1)肩幅程度に足を開き

2)両手をお尻に当てる

3)息を吐きながら骨盤を押し出す

4)腰をそらした姿勢を3秒間キープしたらもとの姿勢に戻す

5)5回繰り返す

これだけです。

簡単でしょ!

是非参考にしてみてください。

 

 

本当にコルセットしないで動いていいんですか?

 

まだやっぱり怖いですよね。

わかります!長いあいだコルセットを巻いてきているのに「外して動きましょう」

なんて言われても信用できない。

そうですよね!今回のお話の根拠になる論文を紹介しましょう。

『コクランライブラリー』という世界中の論文を集めて情報を整理するデータベース集があります。

世界で一番信頼できる医療の情報ということですね。

そこで報告されていた内容によると

コルセットに腰痛の痛みの程度を改善させる効果は認めらなかった。
しかし、更に慢性化した腰痛を対象とした場合、コルセットは無治療と比較して痛みの程度及び機能改善に効果は認められない。

Lumbar supports for prevention and treatment of low back pain.
Cochrane Database Syst Rev. 2008 Apr 16;(2):CD001823.
[PMID:18425875]

まとめ

 

現時点で腰痛に対してコルセットの効果は限定的です。

我慢してコルセットをしていても効果が出ないなんて悲しすぎます。

少しずつ動いていくと結構動けるものです。

「でもやっぱり動くと腰が痛くて怖いんです」

そんな方は当院でもご相談をお受けできます。

どんな動きが怖いのか、などを確認しながら施術をしていくと少しづつ動けるようになりますよ。

先程の散歩が怖い方も今は愛犬とともに走り回っています〜

【柔道整復師・鍼灸師 坂爪 慶監修】

【新潟市秋葉区 で腰痛・肩こり・膝痛・手や足の痺れ・頭痛・神経痛・スポーツによる痛みならさかつめ整骨院鍼灸院】

受付時間

月・火・水・金
10:00~20:00
土・祝
10:00~17:00
休診日 木・日曜日

【料金】

初診料 9,800円(税込み) 施術料 7,400円(税込み)

当院は自費治療専門・完全予約制の治療院です。

各種健康保険・自賠責保険はお取り扱いしておりません、ご了承ください。

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

予約電話番号 0250-23-2203

新潟市秋葉区美善1-5-35

身体を痛めずに長くダンスを続けるためのコツを知りたくありませんか?

こんにちは

新潟市秋葉区美善 さかつめ整骨院鍼灸院の坂爪です。

ダンスをされている方って年令問わず多いですよね。

ヒップホップ、ジャズ、社交ダンスなどいろいろな種類があります。

特に社交ダンスは仕事を退職されたシニア層に、かなりの愛好家がおられるようです。

このブログを御覧の方もダンスをされていて腰痛に悩んでいるのではないでしょうか?

続きをみる

長い時間座っているとお尻から足にかけて痛くなる方に知ってほしいこと

通勤で車に乗っていてしばらくするとお尻から足がしびれてくる。

「あ~また今日も痛くなってきたな」

なんて思いながら車を運転しているとだんだん痛みが増してくる。
けれど会社までは道半ば、冷や汗をかきながらなんとか会社に着いて車から降りようとするが、しびれて、痛くてすぐには降りられない。
なんとか車から降りて会社に入ろうとするが、足がスムーズに動かない。

同僚からは
「○○さん腰大丈夫ですか、また足が痛そうですね?」
なんて声をかけられる。

しばらく動いていると楽になるので、職場のデスクに着くころには痛みもかなり楽になっている。
しかし、いざ仕事を始めると基本座り仕事、またズキズキ痛くなってきて座っていられない。
立ち上がってトイレに行こうと歩きだすとまたおかしな歩きになる。

隣の同僚からは
「〇〇さんのヘルニアは手術しないと治らないんじゃないですか?」
そんな声が聞こえてくる。

「でも私は腰のヘルニアと診断されているけど、腰は痛くなったことがないいだよなあ。」
「今はまだ手術をする必要はないと言われているし、どうしたものか?」
「かといってこのまま放置しておくにはなあ」

なんて事を考えている方は結構たくさんいるのではないですか?
いったいどうしたらいいのか判断つきませんよね。

そんなあなたはこの内容を読んでもらえば、足の痛みから少しは解放されるかもしれません。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

ヘルニアとは身体から飛び出した組織の事を指す言葉です。

腰だけでなく首でも良く聞きますよね。
脱腸も鼠径ヘルニアと言われるもので、腸が身体から飛びだすことを言います。
ヘルニア、イコール、痛いとイメージしてしまいますが脱腸では激痛が出ることはまれです。
ある研究では健常者(腰痛経験がない)をMRIで検査しても70%以上に明らかなヘルニア像が見られたということです。
つまり画像のヘルニアと痛い、しびれることは関係がない可能性が高いのです。

それではなぜ痛くなるのか?

痛みの原因として考えられるのは筋肉、筋膜の問題が挙げられます。

ここ最近、筋筋膜の関係がメディア等でも取り上げられていますが、それ自体は比較的昔から存在は知られていました。
筋筋膜痛の特徴として痛みを感じている場所から離れたところに原因がある事が言われています。
例えば下半身が痛くなると、ほとんどの方はこれは坐骨神経だ!
とお思いになりますよね?

しかし筋筋膜の問題でほぼ同様な症状がでることが多いです。

(The Trigger Point & Referred Pain Guide より引用)http://www.triggerpoints.net/

この図は小殿筋というお尻の筋肉が原因で起こる症状を書いています。
バツ印の部分に問題があると赤い部分に痛みやしびれが出ますよ!
ということを表しています。

まんまいわゆる坐骨神経痛の症状に類似しています。
結構こういう方は多いです。

つまりヘルニアが原因で坐骨神経痛と言われている方の大多数は筋筋膜の問題が原因と考えて大丈夫です。
なので、腰の手術も必要ないし(残念ながらヘルニアで手術をしないとだめな場合はあります。かなり稀なのでほぼ念頭に置かなくても大丈夫ですが)、重いものを持つことをためらう必要もありません(腰に原因がないですから、と言ってもやりすぎ注意ですが)。
もちろん腰にシップを貼ることも必要ないですね。(しつこいですが腰じゃないんで)

逆に検査で腰は痛くないけど、腰にヘルニアが見つかって坐骨神経痛と言われた方は安心していいぐらいです。
適切に対応すれば改善することは確実だからです。

改善方法は

ざっくり言うとお尻の筋肉が凝って、その筋肉が足の痛みを引き起こしている。

その理解で基本大丈夫です。

凝った筋肉はどうしたらゆるみますか?

マッサージ、ストレッチ、お風呂に入る、鍼をする、、、

いろいろ方法はありますがご自分でしてもらうとすると、テニスボールマッサージが一番簡単です。

やり方は超簡単

  1. テニスボールを一個ご用意
  2. 床にボールを追いてその上にお尻を乗せいていく(小殿筋は横にあるので横向きでボールを潰すように体重を乗せます)
  3. お尻の筋肉を探ると足に痛みが走るポイントがあるので、その場所を見つけたら痛みが和らぐまで押し続ける(和らぐまで30秒〜2分程度と、人それぞれ違います

これだけです。簡単でしょう。
これまでの話が納得できてテニスボールマッサージを継続出来る方、おめでとうございます!
時間はかかるかもしれませんが改善する確率は高いでしょう。

さらに改善するためのポイント

一つ目は「動くことを怖がらない」こと

確かにヘルニアがあると「無理するともっとヘルニアが飛び出して悪くなるなんかな?」と思いがち、しかしお尻の筋肉が原因だったら動いても大丈夫な気がしませんか?

筋肉の痛みなら動いたほうが循環も良くなりそうでしょ。
実際、必要にかられて動いたときのほうが調子が良いという人は多いです。

2つ目は「長い時間座り続けない」

小殿筋は椅子に座っていると筋肉が縮んだ状態になります。
この状態は痛みを出しやすい状態の筋肉にはあまりよろしくない環境です。

改善しても長い時間座り続ければ、また悪化しますので極力避けたほうがいいですね。
30分に一回立つなどご自分でルーチンを決めるの良いでしょう。

まとめ

腰の痛みはないけど、ヘルニアと診断されて足が痛む方はほぼお尻の筋肉(小殿筋)が原因で痛くなっています。

動くことを怖がらない
長い時間座らない

そしてテニスボールマッサージ等のセルフケアだけでもかなり効果があります。

当然改善には時間がかかり、改善スピードの停滞時期もあるでしょう。
そんなときでも諦めず実行し続ければ結果は出てきます。
(なぜ改善に時間がかかり、停滞するのかはまた違う機会に)

自分では難しい!、よくわからないから直接話しを聞きたい方は当院までご連絡ください。

【柔道整復師・鍼灸師 坂爪 慶監修】

【新潟市秋葉区 で腰痛・肩こり・膝痛・手や足の痺れ・頭痛・神経痛・スポーツによる痛みならさかつめ整骨院鍼灸院】

受付時間

月・火・水・金
10:00~20:00
土・祝
10:00~17:00
休診日 木・日曜日

【料金】

初診料 9,800円(税込み) 施術料 7,400円(税込み)

当院は自費治療専門・完全予約制の治療院です。

各種健康保険・自賠責保険はお取り扱いしておりません、ご了承ください。

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

予約電話番号 0250-23-2203

新潟市秋葉区美善1-5-35