坂爪 慶 | さかつめ整骨院鍼灸院 院長のブログ|新潟市秋葉区新津の自費治療院

腰痛で辛い方へ!寝る時の体勢を考えてみよう!仰向け、うつ伏せ、痛い方が上の3つの体勢で一番良いのはどれ?

こんにちは。

新潟市秋葉区 さかつめ整骨院鍼灸院の坂爪です。

腰痛は毎日の生活に多大な影響を与え、非常に辛いものですよね。

腰痛でお悩みの方は多いと思いますが、実は寝る姿勢も腰痛に大きな影響を及ぼすのです。

そこで今回は、腰痛が辛い時に、どんな姿勢で寝るのが一番良いのかについて詳しく解説していきたいと思います。

このブログを読んでいただければ腰痛をお持ちの方が、どの姿勢で寝たら良いか参考になると思います。

少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。

腰痛の時の寝る姿勢について

 

 

腰痛は、日々の忙しい生活、運動不足、慢性的な疲労や姿勢など、さまざまな原因によって引き起こされます。

腰痛を抱える患者さんから

「どんな姿勢で寝るのが良いのですか?」

と聞かれることが多いです。

実際どんな姿勢で寝ているのかについて多くの患者さんの声を聞いてみました。

すると、

①仰向け ②うつ伏せ ③痛い方を上にする 

の3つのパターンが多いことが分かりました。

では、どの寝る姿勢が腰痛のときに最も痛みを軽減できるのでしょうか?

 

寝方ごとの改善法

 

①仰向けの場合

仰向けの場合、下半身が骨盤を引っ張ってしまい腰が反りがちです。

そこで、仰向けで寝る際に膝を曲げたりするのも一つの手段です。

仰向けに寝ながら膝の下に枕などを置いて軽く曲がった状態を保つと、快適な寝姿勢を維持することができます。

腰が楽な位置になるように、枕の高さや柔らかさを調整すると腰痛を軽減する効果が期待できます。

②うつ伏せの場合、

うつ伏せは股関節が伸びた状態を維持できます。

うつ伏せになると股関節の筋肉が伸びて、血流が促進され、痛みの軽減にも役立ちます。

また背中が圧迫されないので呼吸もしやすくなります。

呼吸が改善するとリラックスしやすくなり腰痛を軽減する効果が期待できます。

③痛い方を上にする場合

腰痛を起こす原因として『腰に負担がかかり、血流が悪くなる』ことがあげられます。

痛い方を下にすると腰が余計痛くなることがあると思います。

そのため、痛い側を上にして寝ることで、腰にかかる負担が減って、血行が良くなり、痛みが軽減するというわけです。

 

 

最後に

以上、3つの姿勢について説明してきましたが、症状によって、どの姿勢が良いのかは変わってきます。

ただ、一般的には痛い側を上にした姿勢をとるほうが良い場合が多いので、この姿勢が楽だという場合は、他の姿勢よりも痛い側を上にしていることをお勧めします。

ただ、腰痛は放っておいても良くならないことも多いです。

とくに寒い時期には、なかなか良くなりません。

腰痛をそのままにして我慢するのは辛いですよね。

食事や日常生活での姿勢を気をつけることでも腰痛を改善することはできます。

でも、本当に辛いなら、まずは自分の腰痛の本当の原因を知って、その原因を正しく治療されれば、必ず腰痛は改善します。

そのために専門の治療院で相談されることをお勧めします。

もし、新潟市で腰痛にお困りでしたら、当院でも相談を承っておりますので、一度ご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回の内容が皆様のお役立てましたら幸いです。

 

関連記事:朝起きた時腰が痛い、布団を変えたりしたけど良くならない人に知ってほしいこと

 

【柔道整復師・鍼灸師 坂爪 慶監修】

 

 

さかつめ整骨院鍼灸院公式LINE@ページ

ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

 

【新潟市秋葉区 で腰痛・肩こり・膝痛・手や足の痺れ・頭痛・神経痛・スポーツによる痛みならさかつめ整骨院鍼灸院】

受付時間

月・火・水・金
10:00~20:00
土・祝
10:00~17:00
休診日 木・日曜日

【料金】

初診料 9,800円(税込み) 施術料 7,400円(税込み)

当院は自費治療専門・完全予約制の治療院です。

各種健康保険・自賠責保険はお取り扱いしておりません、ご了承ください。

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

予約電話番号 0250-23-2203

新潟市秋葉区美善1-5-35

 

座りながらかんたん、即効で肩こりが解消するストレッチ法

こんにちは

新潟市秋葉区 さかつめ整骨院鍼灸院の坂爪です。

今このブログをお読みの方は「肩こり」で日々おつらい思いをしている方だと思います。

「基本座り仕事なので慢性肩こりです、、、」

「長時間のデスクワークが続くと肩こりが出ちゃいます」

「疲れると肩こりが出ることがあります」

いろいろな程度はあるかと思いますが、普段どんな対処法をされていますか?

一番多いのはストレッチではないでしょうか。

私も患者様から

「ネットで調べていろいろやっているけど効果がイマイチ」

「肩こりに本当に効くストレッチを教えてください」

とよく聞かれます。

そこで今回は「座りながらかんたん、即効で肩こりが解消するストレッチ」決定版をお伝えしたいと思います。

肩こりでお悩みの方にはお読みいただくことで、お役にたてるかもしれません。

長文となりますが是非お読みください。

 

肩こりのストレッチっていろいろありますよね?

 

ちまたのネットや、雑誌、You Tubeなどには

「肩こり改善ストレッチ」や「かんたんにできる肩こり解消ストレッチ」などの言葉をよく目にします。

実際、効果のあるものから、そうでもないものまでいろいろなものがあるのが現実です。

患者様からも

「凝っているところをストレッチするようにしています」

「痛気持ち良いところをストレッチしています」

こんな声を聞くことが多いです。

肩が凝っているところをストレッチしても効果が薄いのはなぜでしょうか?

かんたんに言うと「肩こりを起こす理由があるからです」

そこが改善すると肩こりも良くなりことがほとんどです。

では、どこをストレッチしたら良いのでしょうか?

肩こりのストレッチを効果的に行うには?

それは背中の後ろ、肩甲骨の周囲の筋肉です。

赤で書いたものが肩甲骨です。

最近が「肩甲骨はがし」などのフレーズもメディアで取り上げられており、聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

 

肩や腕を動かす際に土台となっており、肩甲骨の動きが悪いと腕がよく動かないぐらいです。

また、この肩甲骨の周りはたくさんの筋肉がついており、この場所が動かないと胸を張ることも難しいです。

さらに、胸が張れないと呼吸も大きく息を吸うことができません。

深呼吸をする時は胸を張るようにして行いますよね。

 

 

呼吸は酸素や栄養を血液に供給しています。

呼吸がしにくくなると酸素や栄養素が体の隅々まで届きにくくなるため、体もかたくなりやすいのです。

肩甲骨を動きやすくして、呼吸をしやすくすることが肩こり解消の秘訣になります。

 

 

座りながらできる即効肩こりストレッチ法

それでは、座りながらできる即効肩こりストレッチをお伝えしましょう。

その名も肩甲骨体操です。

肩甲骨体操

 

   

 

脇を締めて背中を寄せるように肘を後ろに引いていきます。

しっかり寄せきったら、次に腕を前に突き出して背中を伸ばすように動かします。

10回程度繰り返して行いましょう。

肩甲骨体操を行った後に、普段行っているストレッチをしてみるといつもよりストレッチされていると感じると思います。

ストレッチをする際は肩甲骨の動きが重要だと理解していただけると思います。

 

  

動画はこちら

最後に

座りながらかんたん、即効で肩こりが解消するストレッチ法をお伝えさせていただきました。

普段しているストレッチをする前に肩甲骨体操を行うと、より効果を感じていただけると思います。

とはいえ肩甲骨体操だけでは、長年の肩こりが改善されない方もおられるかもしれません。

そんな時はなにか他の原因があるかもしれません。

その際は早めにご相談くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回の内容が皆様のお役立てましたら幸いです。

 

関連記事:頭痛や吐き気が出るぐらい肩こりがひどくて、マッサージがやめれない人に知ってほしいこと

【柔道整復師・鍼灸師 坂爪 慶監修】

 

 

さかつめ整骨院鍼灸院公式LINE@ページ

ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

 

【新潟市秋葉区 で腰痛・肩こり・膝痛・手や足の痺れ・頭痛・神経痛・スポーツによる痛みならさかつめ整骨院鍼灸院】

受付時間

月・火・水・金
10:00~20:00
土・祝
10:00~17:00
休診日 木・日曜日

【料金】

初診料 9,800円(税込み) 施術料 7,400円(税込み)

当院は自費治療専門・完全予約制の治療院です。

各種健康保険・自賠責保険はお取り扱いしておりません、ご了承ください。

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

予約電話番号 0250-23-2203

新潟市秋葉区美善1-5-35

 

ギックリ腰にならない雪かきの方法をお教えします2(スノーダンプ編)

 

こんにちは。

新潟市秋葉区美善 さかつめ整骨院鍼灸院 院長の坂爪です。

今年も12月から各地で大雪ですね。

当院のある秋葉区も55cm、普段雪の降らない中央区が60cmと、まさに災害級です。

雪をかいていてもかいても、終わらない。

もうたくさんなんて人も多いのではないでしょうか?

「雪かきをしすぎて体中痛い」

「腰が発狂しそう」

「ギックリ腰になりかけた」

「痛くても雪かきは終わるまでやめれない」

そんな声も多く聞きます。

当院の患者様でも、この時期雪かきをきっかけに、ギックリ腰になられる方がおられます。

「雪が降る時期になると腰が心配です」

「道具の使い方で予防できますか」

「腰が痛くなりにくい使い方を教えてください」

という声にお答えして

ギックリ腰にならない雪かきの方法をお教えします2(スコップ編)

を書かせていただきました。

おかげさまで大変好評をいただきましたので、雪かきにスコップと共に使用率が高いスノーダンプの使い方をご紹介します。

スコップの時と同様でちょっとした使い方を変えることで、腰にかかる負担を少なくできます。

こちらをお読みいただくことで、雪かきによる腰への不安を払拭できます。

雪かきでご苦労されている皆様のお力になれれば幸いです。

スノーダンプの基本

 

スノーダンプは基本的に雪を運ぶための道具です。

スコップのように雪をすくって投げるような使い方とは違います。

多くの雪を載せて移動させることが目的となります。

その移動の際の姿勢が腰に負担をかけてしまいます。

つい、「楽だから」「慣れた使い方だから」とう動作が腰をいためる原因になっているかもしれません。

次の章でその動作に関してお話したいと思います。

 

A ギックリ腰になりやすい姿勢

 

①パイプが体から離れている

②背中や腰が丸まっている

③腕でダンプを押している

 

横から

 

こんな姿勢でスノーダンプを使っている方が多い印象です。

脊中を丸めて腕だけでダンプを押している。

特に目線が下に行ってしまうと余計脊中が丸まってしまいます。

そして、つい腕だけで押してしまう動きになりやすいです。

この動きだと腰に負担がかかってしまいます。

 

B ギックリ腰になりにくい姿勢

 

①パイプが体についている

②背中が丸まっていない

③腰でダンプを押している

 

横から

 

先ほどとは違い、知っかり前をみて脊中を丸めない。

そしてパイプを体につけて腰で押していきましょう。

腰でしっかり押すことで、たくさん行きをダンプに積んでも腰にかかる負担は少なくなります。

そしてもう1つ見落としがちなのがパイプの持ち方です。

 

手元

A 手のひらを上に向けてパイプをつかんでしまう

手のひらを上に向けてパイプをつかむと、つい脇が開いてしまいます。

脇が開くと肩をすくめてしまいやすくなるので、脊中が丸まりやすいです。

B 手のひらを下に向けてパイプをつかみましょう

 

逆に手のひらを下に向けてパイプをつかむと脇が締まり、胸が張りやすくなります。

結果的に脊中も伸ばしやすくなり、腰でダンプを押すことができます。

 

 

最後に

ギックリ腰にならない雪かき方法をお伝えしました。

今回はスノーダンプ編をお伝えしました。

ここ最近は一晩でかなりの量の雪が積もることが多いです。

朝起きて雪が積もっていると絶望しますね。

しかし仕事、学校と雪かきをしないと外出できないのでやらなきゃいけない。

そんな時にこのブログが皆様の助力になりましたら幸いです。

雪かきを行う皆様お体十分ご自愛くださいませ。

 

【柔道整復師・鍼灸師 坂爪 慶監修】

関連記事:腰のコルセットが手放せないのです!もう一生つけていないといけないのでしょうか?

関連記事:ギックリ腰にならない雪かきの方法をお教えします2(スコップ編)

 

さかつめ整骨院鍼灸院公式LINE@ページ

ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数