腰痛で辛い方へ!寝る時の体勢を考えてみよう!仰向け、うつ伏せ、痛い方が上の3つの体勢で一番良いのはどれ? | さかつめ整骨院鍼灸院 院長のブログ|新潟市秋葉区新津の自費治療院

腰痛で辛い方へ!寝る時の体勢を考えてみよう!仰向け、うつ伏せ、痛い方が上の3つの体勢で一番良いのはどれ?

こんにちは。

新潟市秋葉区 さかつめ整骨院鍼灸院の坂爪です。

腰痛は毎日の生活に多大な影響を与え、非常に辛いものですよね。

腰痛でお悩みの方は多いと思いますが、実は寝る姿勢も腰痛に大きな影響を及ぼすのです。

そこで今回は、腰痛が辛い時に、どんな姿勢で寝るのが一番良いのかについて詳しく解説していきたいと思います。

このブログを読んでいただければ腰痛をお持ちの方が、どの姿勢で寝たら良いか参考になると思います。

少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。

腰痛の時の寝る姿勢について

 

 

腰痛は、日々の忙しい生活、運動不足、慢性的な疲労や姿勢など、さまざまな原因によって引き起こされます。

腰痛を抱える患者さんから

「どんな姿勢で寝るのが良いのですか?」

と聞かれることが多いです。

実際どんな姿勢で寝ているのかについて多くの患者さんの声を聞いてみました。

すると、

①仰向け ②うつ伏せ ③痛い方を上にする 

の3つのパターンが多いことが分かりました。

では、どの寝る姿勢が腰痛のときに最も痛みを軽減できるのでしょうか?

 

寝方ごとの改善法

 

①仰向けの場合

仰向けの場合、下半身が骨盤を引っ張ってしまい腰が反りがちです。

そこで、仰向けで寝る際に膝を曲げたりするのも一つの手段です。

仰向けに寝ながら膝の下に枕などを置いて軽く曲がった状態を保つと、快適な寝姿勢を維持することができます。

腰が楽な位置になるように、枕の高さや柔らかさを調整すると腰痛を軽減する効果が期待できます。

②うつ伏せの場合、

うつ伏せは股関節が伸びた状態を維持できます。

うつ伏せになると股関節の筋肉が伸びて、血流が促進され、痛みの軽減にも役立ちます。

また背中が圧迫されないので呼吸もしやすくなります。

呼吸が改善するとリラックスしやすくなり腰痛を軽減する効果が期待できます。

③痛い方を上にする場合

腰痛を起こす原因として『腰に負担がかかり、血流が悪くなる』ことがあげられます。

痛い方を下にすると腰が余計痛くなることがあると思います。

そのため、痛い側を上にして寝ることで、腰にかかる負担が減って、血行が良くなり、痛みが軽減するというわけです。

 

 

最後に

以上、3つの姿勢について説明してきましたが、症状によって、どの姿勢が良いのかは変わってきます。

ただ、一般的には痛い側を上にした姿勢をとるほうが良い場合が多いので、この姿勢が楽だという場合は、他の姿勢よりも痛い側を上にしていることをお勧めします。

ただ、腰痛は放っておいても良くならないことも多いです。

とくに寒い時期には、なかなか良くなりません。

腰痛をそのままにして我慢するのは辛いですよね。

日常生活での姿勢を気をつけることでも腰痛を改善することはできます。

でも、本当に辛いなら、まずは自分の腰痛の本当の原因を知って、その原因を正しく治療されれば、必ず腰痛は改善します。

そのために専門の治療院で相談されることをお勧めします。

もし、新潟市で腰痛にお困りでしたら、当院でも相談を承っておりますので、一度ご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回の内容が皆様のお役立てましたら幸いです。

 

関連記事:朝起きた時腰が痛い、布団を変えたりしたけど良くならない人に知ってほしいこと

 

【柔道整復師・鍼灸師 坂爪 慶監修】

 

 

さかつめ整骨院鍼灸院公式LINE@ページ

ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

 

【新潟市秋葉区 で腰痛・肩こり・膝痛・手や足の痺れ・頭痛・神経痛・スポーツによる痛みならさかつめ整骨院鍼灸院】

受付時間

月・火・水・金
10:00~20:00
土・祝
10:00~17:00
休診日 木・日曜日

【料金】

初診料 9,800円(税込み) 施術料 7,400円(税込み)

当院は自費治療専門・完全予約制の治療院です。

各種健康保険・自賠責保険はお取り扱いしておりません、ご了承ください。

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

予約電話番号 0250-23-2203

新潟市秋葉区美善1-5-35

 

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です