この時期多いぎっくり腰、その正しい対応の方法を知りたくありませんか? | | さかつめ整骨院鍼灸院 院長のブログ|新潟市秋葉区新津の自費治療院

この時期多いぎっくり腰、その正しい対応の方法を知りたくありませんか?

こんにちは、

新潟市秋葉区美善 さかつめ整骨院鍼灸院の坂爪です。

寒くなるとちょっとしたことで腰に痛みが走る、そんな方は多いと思います。

特に年に数回ぎっくり腰を起こしてしまう方は「寒い時期が怖い!」そんな風に思われているのではないでしょうか?

寒くなってくると腰が重だるくなってきて、長い時間立っていたり、座っているとピリピリしてくることが多くなる。

こんな時は”顔を洗おうとした時”や”ちょっとしゃがんだりした時”に腰に違和感を覚えてしばらくすると痛みで動けなくなることがたびたびある。

いつもは2,3日安静にしていると良くなるんだけど今回は一週間たってもあまり良くならない。

心配になって整形外科でレントゲンを撮ってもらったけど、

先生:「骨に異常は無いですからもう少し様子をみてください」

「痛み止めとシップを出しておきますね」

「1週間たっても良くならなかったらまた来てください」

なんて言われて帰ってきた。

先生に言われたとおりに薬を飲んで、シップも貼って安静にしていたのに1週間たってもあまり変化は感じられない。

もうこれ以上仕事も休めないし、また整形に行ってもなんかダメな感じがしているけどどうしたらいいのだろう?

家でじっとしていると余計に悪くなっている様に感じるのは私だけなの?

仕事には行けてないけど、痛みを我慢してコンビニなんかに買い物行ったりするとなんか少し楽になった様に感じてしまう。

本当に安静にしていることって良いことなの?

ぎっくり腰になった時そんな疑問を持ったは多いのではないでしょうか?

確かに腰痛がありう痛みを感じる時は動きたく無くなりますよね。

ちょっと動くだけで腰が痛くなるのはつらいものです。

ぎっくり腰になったらまず最初に考えることをお伝えしたいと思います。

つらい痛みに遭遇した時に少しでも早く回復する助けになりましたら幸いです。

ぎっくり腰になったら安静にした方がいいの?

ぎっくり腰の痛みつらいてますよね。

動きたくて動けない、動こうとするとズキっと痛い、一度痛くなるとズキズキしだしてしばらくその痛みが続いてしまう。

こんな痛みを感じるくらいならもう動きたくない!

そんな感じではないでしょうか?

実際、ぎっくり腰の時は”安静にしておかなければならない”

と思っている方も多いと思います。

しかし、現在ぎっくり腰になった時に必要以上に安静にしていることは回復を遅くすると言われています。

特に明らかに思い当たる原因が無い場合、

例えば、思いものを持った瞬間に痛くなった場合や転倒して腰を地面に打ち付けた場合など、はっきり覚えてるいる腰痛以外は痛くても動いていても大丈夫な場合が多いです。

最初の対応次第で回復に差がでることがわかっています。

安静が最善の方法ではないのです。

次にぎっくり腰になってからより早く回復するための考えかたをお伝えします。

ぎっくり腰になったらまずはこうしよう

ぎっくり腰になった際に考えることは大きく分けて2つあります。

その腰痛が病院にかかるべきものなのか否かです。

つまり内科的、内臓の問題で痛みが出ているのかを確認することが最優先となります。

まず最初にいきなり激痛になった場合は胆石や大動脈解離などの内科的な問題も疑います。

特に発熱などを伴った場合は注意が必要です。

これらは安静にしていても激痛ですので、じっとしていて痛みを感じない場合は安心していいでしょう。

しかし、心配であれば一度医療機関を受診することをお勧めします。

病院に行って特に問題ないと言われれば安心しますしね。

本当に内科的問題が無いかを確かめてもらうのは非常に重要です。

次に動かなかったら痛くない場合です。

動いたら凄くいたくても、痛みの強さと症状の軽い、思いはあまり関係がありません。

「こんなに痛いんだから重症に違いない」

「ヘルニアになったんじゃないだろうか」

などと考えてしまいましよね?

基本安静の時に痛みを感じなければ手術が必要になったり緊急に対処しなければならないことは無いです。

この2つをまず覚えておいてください。

さらに急性腰痛(いわゆるぎっくり腰をふくむ)は2週間以内に90%近い方が回復するとの論文もあり、強い痛みが持続することはまれです。

その点も頭に入れておいていただくと必要以上に心配しなくても良いかもしれませんね。

実際どうしたらいいの?

では実際ぎっくり腰になったらどうしたらいいのでしょうか?

一番大切なのは必要以上安静にせずに動くことです。

痛みを怖がらずに動く事が重要です。

動くといっても何か特別な運動をするわけではなく、いつもどおりの生活を行うことが大切です。

痛くて動くのが怖くても負けずにぼちぼち動くことです。

先程書いたように痛みの強さと重症かどうかはあまり関係ないのです。

内科的に問題がなければ一日も早く日常生活に戻るようにすることが大切です。

痛みが引いたら動くのではなく、痛いながらも可能な範囲で動くことが一番重要なのです。

まとめ

ぎっくり腰になった時に行うべき対応を書いてみました。

安静にしている時に激痛がなく、はっきりした原因が思い浮かばないぎっくり腰は基本安静にする必要はありません。

ほとんどの腰痛は出来る限り日常生活を送る事で回復しますよ。

それでも痛みを一日でも早くなくしたい方は治療を受けることも有効です。

「早くぎっくり腰から解放されたい」という方は当院でも対応できますのでお問合せくださいませ。

柔道整復師・鍼灸師 坂爪 慶 監修

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です